中古ビジネスフォン1台追加時の工事依頼の有無について

中古ビジネスフォン1台追加時の工事依頼の有無について

中古ビジネスフォン(ビジネスホン)が1台だけ余分に必要な場合、多くの企業では新しい電話機を購入することになると思います;

1台のみの追加であるにもかかわらず、電話の工事には業者の手配が基本的に必要です。せっかく、中古で安い電話機本体を購入できたにもかかわらず工事費用がかさんでしまうことは、残念に思えますが、必要経費なのでやむを得ない部分でもあります。

今回の記事では、中古ビジネスフォン1台追加の場合の工事の必要性の有無をパターン別に紹介します。

▶目次

1、中古ビジネスフォン1台追加の際の工事の有無について

中古ビジネスフォン1台追加時の工事依頼の有無について
中古ビジネスフォンを1台だけ追加したい場合でも、工事業者の手配は必須なのでしょうか?
結論からいえば、工事業者の手配をされることを強くおすすめします。

ビジネスフォン工事は原則、専用業者に

現状、そこまで厳しくチェックされることはありませんし、罰則などもありませんが、ビジネスフォンの設備は専用の電話工事業者が行わなければなりません。

新品のビジネスフォンであろうと、中古のビジネスフォンであろうと電話工事はそれだけ高度で専門的な内容になります。
中古のビジネスフォンを1台追加するだけの場合には、家庭用電話機のように単純な作業で増設できると考えられるかもしれませんが、基本的には業者に依頼されることをおススメします。

電話機の取り付け方などの説明書・指示書が電話機についている場合がありますので、自身でつけられると思われる方も多いようですが、そのような書面は工事業者向けに書かれているものがほとんどであり、一般の方が読んでも意味が分からないものが多いというのが実情です。

(例外)ご自身で設置できる電話工事

例えば、ビジネスフォンを使用するデスクで以前、別の電話機を使用されており、デスクのすぐ近くまで電話回線が届いている場合には、それほど難しくなくご自身で設置作業を行うことができます。

その場合は、Hubまで電話回線を接続するのみで問題ありません。

クラウドビジネスフォンの場合

クラウドビジネスフォンの場合は、電話回線の配線は不要であり、インターネット回線と電源にさえ接続できれば使用できるので、業者の手配は不要で済む場合があります。初期設定が必要になりますが、原則としては中古ビジネスフォンを購入すればすぐにでも利用できるようになります。

スマートフォン内線化の場合

クラウドビジネスフォン契約中のユーザーが内線化スマートフォンを1台増設する場合は、契約回線を1台増やすだけでそのまま内線としてスマートフォンが利用できるようになります。

スマートフォン本体を、スタッフの個人所有のものか会社契約のもので一台用意する必要がありますが、電話回線工事は不要ですので日常業務への影響や負担なしに手続きを進めることができます。

3、まとめ

中古ビジネスフォン1台追加の場合の工事依頼の必要性の有無をパターン別に紹介しました。

ビジネスフォンの設定工事は、内容が専門的になるため業者に依頼すべき工事です。自社のスタッフで設置をしようとして、電話設備にトラブルを発生させてしまった、長い時間を費やしても結局設置できなかった、というケースをよく耳にしますので、必要経費として考えてください。

コストを少しでも安くする方法としては、できるだけ安くて状態の良い中古ビジネスフォンを探すこと、格安で確実な工事をしてくれる工事業者に依頼することです。

クラウドビジネスフォンなど追加の際に工事費用が発生しないサービスも登場しておりますので、電話設備を大きく入れ替える際に新しいサービスを考えるのも将来的なコスト削減の一つの方法です。

webassist

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です